悪魔の子、夢は侍

 この世界は血に染まり、崩れてゆく世界。そして時は例えるとしたら戦国時代。この世界の支配者に成ろうと意志を持ち、全国の至るところから我は我は、と名を挙げ戦の中に無関係の人々が巻き込まれた時代。

 そんな人の死であふれた時代に一人の確変者が現れた。名前は『神嶋 登丸』彼は並外れた力で他の者を圧倒し、無心の悪魔とも呼ばれるほど自分の敵ではない人をも無慈悲に切り裂いていた。

 ここかからの物語は少年『武田 紫之』の成長と、この世界の再生をかけた物語。
24hポイント 0pt
小説 60,804 位 / 60,804件 歴史・時代 760 位 / 760件