溺愛恋愛小説のヒロインの親友ポジションをすぐに辞めた場合

 子爵令嬢シャロン・ゴードンは思い出した。この世界が小説の世界で自分がヒロインの踏み台親友ポジションで都合のいいように利用されることを。

 婚約者である伯爵令息エドウィンと親友である伯爵令嬢チャルが仲良く過ごしてシャロンを馬鹿にしている。チャルはシャロンを言い負かせて自分の好きなドレスを買わせて借りていく。返してもらったことは一度もない。そんな日々は今日でおしまい。今までされたことを両親に訴えて婚約破棄をすることに。

 情報を集めているときに、透明人間の銀髪金眼の精悍な透明人間のルキを保護し、間違って奴隷小屋から自称弟と嘘をついたミハエルも保護する。
 何だか私たちはそれぞれ家族に問題があるらしい。

 婚約破棄をするついでに慰謝料請求もしないといけない。

 現実で都合のいいように利用されている方に書いた作品です。小説世界では幸せになりましょう。
 ヒロインの名前はシャロンです。訂正します。
24hポイント 553pt
小説 2,854 位 / 148,753件 恋愛 1,399 位 / 46,898件