【短編】雨女、雨男

生まれついての雨女である雨宮水莉(あまみやすいり)は、大事なイベントの度に雨を降らしてしまう。

修学旅行中に突然の大雨に降られた水莉は、近くのお店の軒下で雨宿りをする。

傘を買いに行った友達を待っていると、水莉と同じように雨宿りをする他校の男子高校生・碓水氷太(うすいひょうた)が現れる。

その時、碓水はこう呟いた。 「俺、雨男だからな〜」

雨女と雨男は、こうして出会った。 降り止まない雨の中で。

【表紙はこんぺいとう**様のフリーイラストをお借りしています】

※他サイトにも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 105,916 位 / 105,916件 青春 4,097 位 / 4,097件