金城武志はサーモンピンクの夢を見る ~総務5課Ⅲ~

高崎物産総務5課のふたり、係長の神田裕司と秋葉茜。ソレ(霊)の姿は見えるのにその声を聴くことができない裕司は、逆にソレの声を聴くことができる茜の能力に気づく。それを確認したくてもできないでいるある日、同じ社員であるひとりの男と出会う。彼・金城はこう言う。「神田さん、あなた、見えていらっしゃるんでしょう?」
24hポイント 0pt
小説 41,121 位 / 41,121件 大衆娯楽 903 位 / 903件