離人症という病について(実話)

Wikipedia引用
「離人症(りじんしょう、英: Depersonalization)とは、
自分が自分の心や体から離れていったり、
また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。
その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。」

離人症と緊張に悩む私のエッセイです。
24hポイント 0pt
小説 96,711 位 / 96,711件 エッセイ・ノンフィクション 3,495 位 / 3,495件