楽園の片隅で


疲れ果てたある週末、彼女は誘われるように見知らぬ小径へ入り込んだ。聴こえてきた音楽に誘われて小径を進むと穏やかなギター弾きの青年に出会った。楽園のような街での二人だけの特別な空間を分かち合う。

この街はいつでも笑っている。様々な形を持って。楽園のような陽気な街の片隅で見つけたもう一つの秘密の楽園。
24hポイント 0pt
小説 60,536 位 / 60,536件 現代文学 2,654 位 / 2,654件