[一時休止]魔王候補生とメイド眷属〜魔術がまともに使えませんが、魔王になろうと思います〜

今年三十歳になったサラリーマンである播磨健人は、突如現れた美女に「あなたは魔王候補に選ばれました」と告げられる。「肌見放さず持っておいてください」と言われて渡されたものは「魔王の鍵」と呼ばれるものだった。最強の力を手に入れたと喜んでいたら、力の代償のせいで魔術がろくに使えない!? 「力の癖がありすぎてまともに戦えないんだけど」「気合と根性でなんとかしてください」 いつも口論が絶えない主従関係だが、ある事をするときは甘々な関係になったりもして……!? 絶望的な戦力差を前に自分のため、メイド眷属のため、そしてハーレムのために全身全霊で魔王にならんとする物語が今始まる!

一旦休止しようかと思います。
理由としましては、私用が忙しくなってしまい三作品を同時に書いていくことが難しくなってしまった、という感じです。また、ストックも尽きかけているので、それを貯める意味合いでも一旦休止させていただこうかと思います。再開は……こちらに関しては未定です。六月中にはなんとか……という感じです。宜しくお願いします。
24hポイント 7pt
小説 31,837 位 / 128,269件 ファンタジー 5,757 位 / 32,676件