秘めたる欲望

花井貴子は都内の大学を卒業すると、スナックの雇われママをしている母親 多恵子の口効きでもあったのか、就活の面接後には難なく 建設会社の不動産部の総合事務職に就くことができた。
仕事にも慣れて一年が過ぎたころ、ママの店エターナルで貴子の誕生会を開くことになる。
サークルでも親しかった永田淳二と、その男性を彼氏とするキャバ嬢としての バイト仲間でもあった水口朱里。
性格までも明るい 朱里は率先して、 貴子の誕生パーティを開こうとしている。
だが 朱里は誕生パーティーを口実に、淳二と二人になれる場を楽しもうとしていることは確かなように思えた。それは真実と吉永さん二人も同じように思え、貴子にしても久しぶりに浩介と飲むワインを楽しみにしている。
就活から得た今の仕事仲間でもある先輩の清水真実と吉永さんを見ていると・・貴子も大学の一年先輩だった和田浩介ともう少し親しくお付き合いをしてみたいことが本音でもある。
貴子は浩介が居ないことには、誕生会を開く気にはなれなかった。

固有名詞は架空・ フィクション ・18禁
24hポイント 35pt
小説 13,688 位 / 91,151件 恋愛 5,821 位 / 24,630件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!