好きになれる人と・その人とSEXが楽しめてこその人生

近藤洋輔は 56歳を過ぎ、ある大手◦◦自動車の主要部品を下請けとする、テクノ電装の専務としての役職に就き、会社で忙しく働き、帰りが遅くなることも多々ある。
家庭は妻の美穂子48歳と息子の裕人26歳・娘の響子27歳の四人家族・・お手伝いの斎藤久美子(33)がほぼ毎日午後から来られて、家事を手伝ってくれている。
家庭でのもっぱらなる話題は裕人と響子が結婚の意思を示さないことへの悩みなのである。近藤家の跡取りとしても見逃せない、避けられない重要課題なのである。

永井幹雄と妻の美咲が花屋ローズマリーを営み、主に配達営業で回る その一軒に近藤家がある。
  固有名詞は架空・フィクッションです。
24hポイント 7pt
小説 22,893 位 / 91,852件 恋愛 9,432 位 / 24,956件