おふくわけいたします~猫屋お福の日々覚え書き~

江戸は安永から天明の辺り(1772~89年)、まだ猫が一般的ではなかった頃――福を逃したお福と幸薄い幸太郎が、異国からやって来た猫の美弥が結ぶ縁を頼りに本当の幸せを探していく人情物語。第7章には江戸時代最強モフモフ狆の椿丸が登場します!

*2017年5月からエブリスタで連載していた作品ですが、修正を重ね現在はアルファポリスのみで公開しています。
*時代小説は大好きですが、書くとなると難しいです。時代考証(*なんちゃって時代小説にならないよう頑張って調べたつもりです笑)や言葉遣い(*カタカナ表記はできるだけ避けました。あと京都弁は7年間住んでいましたが身につきませんでした)etc間違いや認識不足等がありましたら、ご指摘お願いします。

*表紙はcパブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集からお借りした小原古邨「狆」です 。

《参考資料》
「絵でみる江戸の女子図鑑」「絵で見る江戸の町と暮らし図鑑」(善養寺 ススム /文・絵  江戸人文研究会 /編  廣済堂出版)
「江戸時代のすべてがわかる本」(大石学/編 ナツメ社)
「知識ゼロからの大江戸入門」(北嶋廣敏/監修 幻冬舎)
「お江戸の歩き方」「江戸庶民の衣食住」(竹内誠/監修 学習研究社)
「江戸の風景」「完全版江戸の暮らし」「江戸ビジュアル図鑑」(双葉社)
「猫づくし日本史」(武光誠/編 河出書房新社)
「見取り図で読み解く江戸の暮らし」(中村克己/著 青春出版)
*その他インターネット等でも情報を取集しています。
24hポイント 21pt
小説 15,063 位 / 80,074件 歴史・時代 162 位 / 1,095件