トゥルー・ベル・ガンファイター

 壊滅的な戦乱の後、多くの土地が汚染された数百年後の地球。人々は汚染の少ない北米で生き延びていたが、時が経つと次第に旧欧州、ユーラシア西部への移民が始まった。
 後退した文明、無法の荒野――新たな「西部開拓時代」が到来していた。
 そんな時代、少年・アイクは謎の男アランが率いる組織に家を襲われ家族を失う。
 荒野に一人生き延びるも、ある時窮地に陥ったアイクは、生ける伝説として語られる凄腕女性ガンファイター、「トゥルー」に助けられ、拾われる。
 彼女に同行し、その強さを学びつつアランを追いたいと申し出たアイクにトゥルーは、ある取引を持ちかける。それは、かつて失われたトゥルーの相棒、彼女と並び立つ凄腕であった女性ガンファイターのふりをすること。アイクは持ち前の女性的相貌を利用され、荒野で女性ガンファイターとして生きることとなってしまう。
 トゥルーの他の仲間――旧日本列島より流れてきた『ニンジャサムライ』のスバルという女性や、女司祭のアレシア、そして「継住民」という汚染以前より欧州に居住し続けた民族の末裔の少女チェロク――と共に、アイクは様々な事件に遭遇しつつアランを追うことになる――
24hポイント 21pt
小説 12,224 位 / 55,747件 SF 208 位 / 1,881件