みつ叔母さんへ

この話は私の叔母の人生であり、
実際にあった話です。
叔母がこの世界に生きていた証を残したくて書きました。

みつ叔母さんの話は、
携帯小説サイト
アルファポリス、カクヨム、小説家になろう、魔法のiらんどにのせています。

写真でしか見たことがありませんが、
小柄で可愛らしい感じの人です。

母の妹。
私の叔母は、私が1歳の時、
心臓の病気でなくなりました。
物心がつく前なので、おぼろげな記憶もありません。
でも、なぜか叔母の写真を見ると懐かしい記憶が蘇ってくるきがします。

その感情は、
私が生まれた時、
叔母に凄く可愛がられた事を、
母からずっと聞かされていたからかもしれません。

叔母の母…おばあちゃんと、
叔母の姉…私の母から聞いた話を元に書きました。

所々、自分で感じ取った想いも綴っています。
24hポイント 71pt
小説 4,945 位 / 41,035件 エッセイ・ノンフィクション 67 位 / 831件