右瞼の端に熱を

害もなく益もない日々に突然現れた、ただただふんわり笑う女性。

彼女の名を知ったことによって蘇ったのは、私の右瞼の端に熱をもたらしていたあなたの記憶でした。
24hポイント 0pt
小説 95,758 位 / 95,758件 恋愛 26,355 位 / 26,355件