うかやから

 半井飛鳥は、戦闘型ネットゲーム『うかやから』のヒーローであった。誰もが憧れるその存在。しかし、その実際の姿は、ごみのような男。
 ごみだらけの部屋に引きこもり、風呂にも入らず、食事もとらない。ゲームがすべてのその男。必死になるのはキャラクターのレベルを上げるときだけ。
 しかし、ある日飛鳥はゲームの世界へ肉体ごと入り込んでしまう。
 そこで待ち受けているのは、思いがけぬ苦労の連続であった。
 現実から逃れられるはずのゲームの中にあるのは、現実よりも厳しい現実だった。恐ろしい魔物に追いかけられ、かと思えば、同じ人間に殺されかけ、逃げ伸びることで飛鳥は生に執着していく。そして、ゲームの中に生きる、本物の人間と出会い、その中で、飛鳥は忘れていた大切なものに気が付いていく。
 飛鳥は、逃避していた自分を悔やみ、やり直したいと強く願う。けれど、その願いが叶わぬことを飛鳥は知る。
 なんと、飛鳥はそのゲームの中、いや、うかやからの王となるべき血筋の者であったのだ。事実を知り、戸惑い、うろたえる飛鳥。しかし、飛鳥は自分たち現実の世界の人間が、その世界の人々を苦しめていることを知り、苦悩する。
 葛藤し、何度も背を向け、しかし、ついに飛鳥は使命に立ち向かうことにする。
 しかし、王となるべく試練を果たしたその先で、玉座を目の前に飛鳥は現実の世界を見て、戻ってしまう。
 うかやからの中にいた頃の記憶を失い現実世界に戻った飛鳥の目の前には、飛鳥の知りえなかった残酷な現実が横たわっていた。
 飛鳥はその苦難にあえぎながらも果敢に立ち向かい、ついにそれは終わりを遂げる。そして、再び飛鳥は決着をつけるべく、うかやからに戻るのだった。
 そして飛鳥は、『うかやから』という現実の世界で、生きることを決意する。
その決戦が行われたのと同時期、現実世界では、警鐘を鳴らすような事件が起きていた……。
24hポイント 0pt
小説 44,595 位 / 44,595件 キャラ文芸 1,259 位 / 1,259件