半笑いの情熱

 池原悦弥は、起伏に乏しい大学生活を送っていた。
 人付き合いを億劫に感じ、自身の興味の範疇で受動的な日常を重ねた結果、せっかく入った第一志望の大学でこれといった手ごたえなく1年目を終える。

 そんな中、2年目に入ってフランス語の授業で出会った光蟲冬茂は、巷の爽やかな学生たちとは一線を画する独特な性格の男だった。
 光蟲との交流や、囲碁部および茶道部の活動を通じて、悦弥の生活は徐々に色付いていく。

 ちょっぴり哀しく、時々笑えるヒューマンドラマ。
24hポイント 0pt
小説 65,986 位 / 65,986件 青春 3,105 位 / 3,105件