御曹司様に婚約を破棄されたが、諦めきれないので愛人として頑張ります

園崎奏美は御曹司で時期社長候補と噂の名高い秋崎凌駕とお付き合いをしていた。

しかし、とある日に聞かされた噂によりパーティー会場の席で婚約を破棄されてしまう。

そこには、秋崎凌駕を好きだった、大親友の雅明美の姿が……。

婚約破棄をされて途方にくれていると秋崎凌駕の専属秘書と名乗る如月陸斗が現れて奏美にこう依頼をしてくる。

それは、秋崎凌駕の身の回りの世話と愛人契約を結ぶというとんでもない内容で……。

困った顔をしていた奏美に
「まだ、諦めきれていないのでしょ? なら、この仕事が終わった暁には、私の方から婚約破棄を取り消すよう進言して差し上げましょう」
その言葉を鵜呑みにした奏美は秋崎凌駕の待つ屋敷に出向くが……。

※前半かなり酷いです。苦手な方は御遠慮ください。
24hポイント 14pt
小説 16,487 位 / 77,045件 恋愛 6,495 位 / 20,314件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!