憂い月を仰ぐ

 名家に生まれ、幼い頃から後宮に妃として入れられる未来を約束された、圓寳闐。
 仮面の様な彼女の目の前に現れたのは、一人の少年だった。


 月を見るのは、悲しい。
 否応なしに、あの人を思い出すから。
24hポイント 0pt
小説 87,555 位 / 87,555件 ファンタジー 24,816 位 / 24,816件