久遠



「君を守れるなら世界が滅んだって構いやしない」

この直来(なおらい)町には人ならざるものが潜んでる。
 人の生き血を糧とする、人類の天敵吸血鬼。
 そしてそれを狩る者も存在した。人知れず刀を振るって鬼を葬る『滅鬼師』
 高校生の直江有伍は吸血鬼特捜隊に所属する滅鬼師見習い。
 日夜仲間と共に吸血鬼を追っている。
 しかし彼にはもうひとつの顔があった。



 吸血鬼の仲間として暗躍する裏切り者としての顔が………





作家生活オンラインでも公開しています
24hポイント 28pt
小説 11,450 位 / 56,051件 ライト文芸 304 位 / 2,323件