幽玄躰

「ある晩、あれがあたしに声をかけてきました。望みを叶えてやるから、躰をうれといって。どうせ無理やり嫁がされるのだもの。誰にこの身をくれてやっても同じ。だから毎晩、鬼に会いに行ったんです。今日は腕、今日は足、という具合に…躰をうったの」
24hポイント 7pt
小説 5,360 位 / 18,665件 ホラー 80 位 / 784件