勇者パーティーを追放された脱力系の最強は実は神クラスの賢者で魔法により1からダンジョンを経営する~いつか勇者パーティーを壊滅させる為に~

 人々の希望の勇者パーティーには脱力系の魔法使いラファリアルがいた。
 彼はいつも宿屋で二度寝するほど脱力していた。
 彼はモンスターを討伐する事に疑惑を抱き魔王を見逃した。それを勇者達が見てラファリアルを追放することにした。
 ラファリアルは元々最強の魔法使いだったが勇者パーティーと旅立つ事で賢者並に最強になった。
 しかし勇者パーティーに疑念を抱いていたのだがそんな時に追放された。

 そこらへんにいる魔王軍のモンスターを倒すことへの罪悪感、勇者だから人間だからといって魔王軍を殺す事に抵抗を覚えていた。そんな時に無職になったラファリアルは冒険者ギルドに向かうと勇者達のいやがらせで冒険者ギルドを追放された。

 王様より招待されたと思ったら、王国を追放された。
 途方にくれてだらだらと歩き続けていると穴に落下した。

 そこには台座があり1冊の本が置かれてあった。

 内容は条件を満たすと配下を召喚したり、設備を出現させる事などが出来るものであった。
 条件は基本的に腕立て伏せ100回や攻撃魔法10回唱えたり、ダンジョンの外でモンスターや動物や人間などを倒したり、条件は無数にあった。

 その本には――ようこそダンジョンへ君がダンジョンの経営者だ――
 と最初のページに書かれており、ラファリアルはやる気はないがやられっぱなしは気に食わず、最強なダンジョンに発展させ、勇者パーティーをぼこぼこにする事を夢見るのであった。

※小説家になろうでも掲載しています
※カクヨムでも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 120,291 位 / 120,291件 ファンタジー 31,391 位 / 31,391件