死神が合理的に魂を狩る物語

人は生まれる前にスピリットマネーの上限が決まる。

 あの世で鍛えてスピリットマネーの上限を高め、蘇ったときに、それぞれの寿命が決まる。

 だが違法でスピリットマネーを増やしたり、人から奪ったりした場合は死神が処刑しにいく。

 死神は合法的に人を狩る義務を得られるということ。

 ロフトは聖徳太子の生まれ変わりでもあって、たくさんのことを聞くことが出来る。

 あの世で強くなったロフトは、ネリルという同胞をえて、蘇った。

 そこには普通の生活があるはずだった。

 待っていたのは、死神になるための特訓だった。

※エブリスタでも掲載しております※
24hポイント 0pt
小説 63,715 位 / 63,715件 ファンタジー 19,963 位 / 19,963件