歩くモンスター牧場と呼ばれたお兄さん

優しいお兄さん、それがテヌザワという青年だった。テヌザワの優しい笑顔で人々は魅了されていく、

彼には欠点がある。
自然のことをけなしたりしたら、
その人を殺すまで追いかける。

現在では指名手配され逃げている最中で車に引かれ死亡。

テヌザワは神様にあうと新しい人生を送るために異世界へ、

ただしそこにいる人や生き物はテヌザワを簡単に殺してしまい。

テヌザワは再び神様にあうと神様はなぜか逆ギレ、チートをひとつ授かりまた異世界へと旅立つ。

そのチートとは【歩くモンスター牧場】であった。

この物語は天使みたいなテヌザワがモンスターハーレムを作ったり、モンスター軍隊をつくったり。

そしてモンスターを仲間にしたら、モンスターが覚えているスキルを覚えたり。

どんなときでもニコニコのお兄さんはどこに向かっているのだろうか!!
24hポイント 14pt
小説 14,765 位 / 60,335件 ファンタジー 3,520 位 / 19,354件