読書家が異世界で図書館を経営します~本を読んで最強~

信明はいつも一人ぼっちで図書館にて読書をしていた。高校生の終わり頃、みんなが進路相談をしている時、信明は1人で読書をしていた。
信明の進路は決まっていた。図書館で働く事であった。

しかし夢半ばにして異世界に召喚される事に、そこはボロ小屋の図書館であった。

アパートの一室と言ってもいいくらいの広さに本が数冊ある程度。しかも召喚したのは図書館自体。

そう、この図書館には意識があり、生きている。
女性の精霊の姿になりて、信明をフォローしてくれる。

信明は図書館の精霊と一生に図書館を経営していくのだが、この世界にある本を読むと何かしらのスキルを習得できる。

信明はそのスキルを利用して、最強の読書家を目指し、生きている図書館を発展させることを夢見るのであった。

※カクヨムにても掲載しています
24hポイント 7pt
小説 28,171 位 / 121,654件 ファンタジー 5,575 位 / 31,942件