間違って勇者と魔王をぶっ倒したビーストマスターへの仕打ちに対して爆発する逆切れの物語

夢だったビーストマスターになった。沢山のモンスターを従え、夢だった勇者様に剣術を教わり、

 モンスターの剣で勇者様が危なくなり援護しようとした。
 まさか間違って勇者様と魔王を殺してしまうなんて、仲間からの罵倒、魔王の配下からの罵倒に、ビーストマスターのデルジは片っ端から逆切れして、

 無差別に攻撃して勇者の一行と魔王の一行をぼこぼこにした。

 その結果人間からも魔族からも指名手配され、

 最悪王デルジと名付けられたのだ。
 王様じゃないのにという突っ込みは無視され、

 デルジ逃避行が始まる。
 大抵は逃げるが命の危険になると逆切れして皆をぼこぼこにするので逆切れのデルジと呼ばれるように、
 
 すごく悪知恵の働くいわゆる悪役令嬢に目をつけられるも、なぜかビーストマスターの力で彼女たちはメロメロ。

 悪役令嬢たちを統べるデルジは悪の組織をも巻き込む。

 どうなってしまうのだ異世界はビーストマスターに逆切れされてしまうのか!!

※小説家になろうにも掲載しております
エブリスタにも掲載しております
24hポイント 21pt
小説 13,373 位 / 53,872件 ファンタジー 3,334 位 / 17,672件