手を出されたい女子高生 出したくないおじさん

高校三年生の桜場雪穂は、二十歳年上の秋山徹也と(たぶん)付き合っている。

徹也は両親の親友で、雪穂の事を雪穂が母のお腹にいる頃から溺愛していた。
雪穂が小さかった時は毎日のように会いに来て忙しい両親の代わりに溺愛してくれたし、小学生の頃は毎週のように遊びに連れていってくれたし、中学生の頃は週三で塾に送迎してくれるくらい雪穂を溺愛しているけど、どうしても恋人らしい展開に進まない。

手を出されたい雪穂とどうしても手を出したくない徹也の攻防は続く。
24hポイント 28pt
小説 21,012 位 / 144,254件 恋愛 9,769 位 / 45,071件