鈍感娘は若君の気持ちに気付かない

とある大名家に生まれた千夜丸君。
千里眼の持ち主と噂される千夜丸君は、遠くの事までよく知っていた。
ある日、千夜丸君はとある娘に会いたいと訴える。若様が求める娘はいったいどのような娘かと、殿様や家臣たちは色めき立つのだが。
24hポイント 14pt
小説 17,722 位 / 87,459件 恋愛 7,128 位 / 23,723件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

縦ロールをやめたら愛されました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:149520pt お気に入り:5158

舐められている。物理で!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:860pt お気に入り:14

私はざまぁされた悪役令嬢。……ってなんだか違う!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:49pt お気に入り:71