泥の道

「そうだ、お前を愛してる──だからお前を食いたい」
私は回想する。
たぶん、五歳の頃だ。私は兄とあてどない旅をしていた。
兄がニンゲン以外のなにかであることは、なんとなく察してはいた。

◇◆◇◆◇

拙作『渇きの午睡』と同じ世界観です。
24hポイント 0pt
小説 66,012 位 / 66,012件 ファンタジー 20,307 位 / 20,307件