海になる前に。

美しき景色を与えてくれるその海に、死を求めて飛び降りる。
海に飲み込まれ、遠くへ遠くへといってしまう。
見つかることはあるのだろうか。
見つけてもらえるのだろうか。
広く優しい海になる前に。
深く悲しい海になる前に。

「ねぇ!私とお話ししましょ?」

暗く悲しい日にそぐわない明るく優しい声が響く。
投身自殺で有名なツキノ海。
そこにやって来る人々と、不思議な少女が織り成す優しくて寂しい日々。
その一歩を踏み出す前に、少女は現れる。

優しい日々を思い出してほしくて。

愛した人を思い出してほしくて。

懐かしい記憶を。
辛かった記憶を。

覚えていてほしくて。

「ねぇ、あなたはその一歩を踏み出すのかしら?」


希に差別用語が出てきます。不快な思いさせてしまったらごめんなさい。
ホラーというよりキャラ文芸かな?とおもいながらもやっぱりホラーにしている優柔不断です

「代償」「教えて」の作者です。
間違ってアカウントを消してしまってリスタートです。そのうち、その二つも中身は変わるかもしれませんがエンドは同じのものを書きます。
それまではこちらを。



自殺する前に一息つこうよ。
死ぬ一歩を踏み出すなら、死と苦しみから逃げる一歩を選びましょう。
死ぬ勇気があるなら、そこから逃げる勇気もあります。
笑ってしまえ、全てを。
泣いてすっきりして、逃げてしまえ。
そしてまた、新しく始めてしまえ。
自分が生きていきたい道にいく旅を。
24hポイント 0pt
小説 50,845 位 / 50,845件 ホラー 1,986 位 / 1,986件