エヴァの刺繍

両親を亡くして引き取られた男爵家で、私は義妹に利用されていた。
私の好きな刺繍さえも利用され、ついに私は家を追い出された。

あの家には亡くなったお母さんの遺品の刺繍がある。
その事が気がかりだけど、生きるしかないと受け入れ始めていた矢先、義弟が現れた。

「俺に任せろ」

…何をですか?
私、死ぬときに『いい人生だった』って言えますか?
24hポイント 21pt
小説 18,871 位 / 111,847件 恋愛 7,860 位 / 32,122件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

妹に命じられて辺境伯へ嫁いだら王都で魔王が復活しました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:63pt お気に入り:488

護衛が王女の命を狙う暗殺者なんですが

恋愛 / 完結 24h.ポイント:937pt お気に入り:42

背の高い令嬢が小柄な王子に恋をしました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:660pt お気に入り:15

【書籍化企画進行】魅了が解けた世界では

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:3344pt お気に入り:10340