アンビバレンス

大手商社、有本商事の会長の養子、有本 隼。
義親のおかげで、有本商事の庶務に入れてもらい、不自由のない生活を送っていたところ、他社の営業としてやって来た辻村 理人にアプローチをかけられる。

ゲイであることを隠して生きていた隼は、すぐに理人へ惹かれていくが。

その出会いは必然だったのか、それとも運命のイタズラか。


※誤字脱字がありましたらご連絡ください。
24hポイント 0pt
小説 148,345 位 / 148,345件 BL 17,047 位 / 17,047件