シンギュラリティ・ノッカーズ 我ら、悪魔らと、かく闘えり。

 真のシンギュラリティをノックするのは、人工知能か人間か、それとも奴らなのか。シンギュラリティ・ノッカーズ 、彼ら悪魔らとかく闘えり。

 戦闘的エクソシスト・雨降野守門は、祓魔対象であるノイジーと呼ばれるトランスジェンダー確保に四苦八苦していた。
 守門自身の戦闘的霊能力の一部が枯渇し始めていたからだ。
 その日、守門は辛くもノイジーを退魔寸前まで追い詰める事に成功するが、「唄う鳥の会」会長から突然の新たな退魔命令を受けた。
 その任務は悪魔に憑依され暴走した人口知能とそのロボットボディの確保及び祓魔だった。
 「人間ではなく人口知能に悪魔が取り憑きうるのか?」
 そんな疑問を抱きつつ、守門は新任務で組むこととなった旧知のディーン赤座警視率いる警察特捜チームと共に活動を開始する。
 姿を消したロボットを求めてのロボットラボ・オロチでの慣れない調査活動や、新たに立ち上げられた人工知能との共同捜査、果ては異世界の住人まで巻き込んでの悪戦苦闘が続く。
 しかしそんな彼らの活動もむなしく、暴走ロボットの第二第三の凶行は続いた。
 それに対抗するために「唄う鳥の会」は、追跡専門の戦闘的エクソシストを守門の補助に送るのだが、、。
 数ヶ月後、事態はついに最悪の状況を迎え、暴走ロボットは幼稚園児大量虐殺という大事件を引き起こしてしまう。
 そんな中、失意の底に沈む守門に一筋の光明が見えてきた。
 それはなんと。
24hポイント 0pt
小説 21,748 位 / 21,748件 ファンタジー 8,397 位 / 8,397件