精霊捜査線/鷲頭・豚頭の従者達は夜に啼く

 漆黒猟児は、「秀麗なる人間のクズ」と呼ばれた科学者漆黒賢治を原体とするクローン人間である。
 違法状態で生まれた漆黒は、野良クローンと呼ばれる未登録クローン人間に対して施行された政府の救済措置を利用する事を思いつく。
 この救済措置によって漆黒は、民間警察の台頭により壊滅の危機に瀕していた警察機構に「刑事」としての登録を済ませ、人間の刑事として活動を始める事となった。
 漆黒には一人の相棒がいた。
 国家プロジェクトである「精霊計画」で生まれたスピリットと呼ばれる亜人類である。
 漆黒はスピリットの一人、鷲の頭を持つ「鷲男」と共に、ある事件を追うことになるのだが、そこで出会ったのが公安課刑事レオン・シュミットと彼のスピリットである豚男だった。
 彼ら四人は、中央情報局jpCIAや売春シンジケート、ブゥードー教団などが入り乱れる三つ巴、四つ巴の戦いに巻き込まれながら、やがて国家の行く末を左右する壮大な陰謀に巻き込まれていく。
24hポイント 7pt
小説 8,513 位 / 28,818件 ホラー 119 位 / 1,086件