人嫌い侯爵の溺愛をメイドは全力で受け止めるしか道がないようです

同棲していた男は浮気していました。

全てを失ったラビエールを助けてくれた人は、隣国の商人。

「一緒に隣国に行くかい?」

住む家もなくなったラビエールは幌馬車に揺られて隣国に行く途中で人嫌いと有名だというルサルーカ・メルキゼデク侯爵に預けられる事になった。
メイドとして働きながら、文字の読み書きを教えてもらう日々を過ごす。

ある日、侯爵がウサギ狩りで怪我をして戻った。ラビエールはそれまで知り得た知識で懸命に手当てをし、看病をする事でルサルーカに変化が起きる。

♡注意事項~この話を読む前に~♡

※登場するキャラの視点によって温度差激しいです。エアコンの運転切替、温度調整要します。
※胸糞展開ありますが、クールダウンお願いします。
 心拍数や血圧の上昇、高血糖、アドレナリンの過剰分泌に責任は追えません。
※終盤になるにしたがって、加糖練乳に蜂蜜と砂糖を混ぜてメープルシロップ漬けになったものにアリテームを投入したような胸やけで済まないくらいに溺愛をされる回があります。
 (アリテームは砂糖の2000倍の甘さがあります)

※外道な作者の妄想で作られたガチなフィクションの上、ご都合主義です。
※架空のお話です。現実世界の話ではありません。イラっとしたら現実に戻ってください。
※王子様が救済してくれるような恋愛話を堪能したい方は「閉じる」が正解です。
※リアルで似たようなものが出てくると思いますが気のせいです。
※爵位や言葉使いなど現実世界、他の作者さんの作品とは異なります(似てるモノ、同じものもあります)
※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。

※4月7日にコメントを頂いていた方。すみません。多分文字化けだと思うのですが(櫓)に似たような機種依存文字になっておりましたので削除をさせて頂きました<(_ _)>
24hポイント 468pt
小説 3,029 位 / 144,640件 恋愛 1,517 位 / 45,279件