子息のためいき

身分違いの恋なんてよくある話。貴族の婚姻に愛は不要それもよく聞く話。
僕の婚約者は出来る人。そして愛のない貴族間の結婚なのに僕に重い愛を捧げてくれる。
どうして僕なんだろうとと思い悩む一人の子息のお話です。

※一旦完結としていましたが、1話だけ【☆君と踊るワルツ☆】加えました。<(_ _)>
24hポイント 305pt
小説 4,801 位 / 140,781件 恋愛 2,363 位 / 43,651件