【アンデッドな日常】フェニックスだって癒されたい

※エブリスタで連載中です。一度、こちらに掲載しましたが、エブリスタで推敲し、こっちでの勝手がわからず一度消去してしまいました。
前のは、1ページの文字数が多くて編集がしんどくて……。
……まだ、慣れないです。 数字はエブリスタの方のページ数。編集しやすいように※

◆◆◆◆

 フェニックスもふもふBL恋愛重視のファンタジー。じれじれからの、イチャラブ、時々すれ違い。永遠に変わらないアンデッドの城で、のんびり日常の中で築いていくパートナーとの絆。

◆◆◆◆

 アンデッド連中は夜行性。
 方や、フェニックスは昼行性。
 活動時間があまり合わないため、ぼっちなフェニックス。
不死者の城で働くフェニックスは、独り身を抉らせてた。
 ある日、村が森になったという知らせを受け、視察に行くことに。そこで、ボロボロのフェアリードラゴンを見つける。
 どうやら、村を森にした犯人は、このフェアリードラゴンのようだ。元に戻して貰うため、城で共同生活を始める。
 攻撃魔法には向かないが、魔力回復無限大のフェアリードラゴンは、何かと狙われやすい。
 森にした村を解いて貰えば、不死者の城に居ることよりも、モンスターの国の王宮で保護してもらった方が安全だと考えた。
 恋心を自覚しつつも、別れを決意する。
 しかし、簡単に諦めがつくものでもなく――。

フェニックス×フェアリードラゴンの、異種同士の擬人化恋愛茶番劇!


◆◆◆

 悪いな、巻き添え食う地下ダンジョンのアンデッド共。
 なるべく、痛みも熱さも感じる前に焼き殺すからな。灰の中から復活しろ、フェニックス《おれ》のように。
「リア充、爆発しろっ!!」
 爆発する熱を体外に放出し、地下の酸素を燃やす。辺り一面が炎となり、一瞬にして、地下迷宮が鉄をも溶かす反射炉並みの窯と化した。

◆◆◆◆◆

 緩い設定のファンタジーで、恋愛要素重視。

 ゆるゆる愛を育てたい、じれじれ、純愛、時々シリアス、ピュアラブ、ハッピーエンドなBL恋愛もの。多分。
切ない部分もありますが、どうせ、くっつきます(断言)。


※若干、拷問っぽいシーンもあります。ちょいグロ。予告なく、性的描写が入りますので、注意※
恋愛から何から、真面目にプロセス踏んでいく代物。
ファンタジーです。


 基本は、ほのぼの。ほっこり、鳥さん(フェニックス)モフモフ。

「◆不死者の城のフェニックス【トーシン】」以上はラブラブ。甘々、イチャラブ。唐突に、デロ甘、糖度テロ。
24hポイント 0pt
小説 140,191 位 / 140,191件 BL 15,864 位 / 15,864件