センネンケージ

人間は絶滅し伝承上の生物となった。今や文明を築くのは、自らを「人」と称する亜人達だった。
そんな世界で活動する宗教組織『三足教』。教団の主神である三足鳥は世界平和を目指し、虫に似た男ヒロ、死体に似た女アヤ、トカゲに似た男シノ、機械に似た女ヨモ、人に似た男イサを部下とし、世界へ介入していく。
それはそれとして、部下の五人は色々考えたり考えなかったりしながら日々を過ごす。三足鳥の啓示の内容は多種多様。果たして、世界を平和にすることはできるのか。

(『小説家になろう』に定期更新版有)
https://ncode.syosetu.com/n0321ew/
24hポイント 28pt
小説 12,184 位 / 74,229件 ライト文芸 334 位 / 3,602件