夏は何度でも巡るから【小説版】

 夜の光。車の音。そこにいない誰かが褒められていることへの違和感。目の前にいる人が私を肯定するのか、否定するのかわからない、モヤモヤとした気持ち。


ー欲張りだと思いますか?本気でやりたいことがたくさんあるってー


 不確かな気持ちを知ったかぶりで語ってしまえば、誰かの小さな一言で簡単に砕けてしまう自信があった。

 それでも、聞かずにはいられなかった。

【曲版】
niconico→ https://www.nicovideo.jp/watch/sm37600444
youtube→ https://www.youtube.com/watch?v=LpVFRFO18RI
 

24hポイント 0pt
小説 91,323 位 / 91,323件 ライト文芸 3,789 位 / 3,789件