真田大石

神光寺かをり

文字の大きさ

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

堅他不願(かたほかふがん)

 本作とは全く無関係ながら、昔、池波正太郎先生の『真田太平記』を読んでおりましたので大変懐かしく感じました。
 転封はどの大名にとっても頭痛の種です。まして信之のような立場の人間からすれば、家臣や領民と幕府との間で心痛もひとしおでしょう。
 せめて石垣の石なりと意地を通そうとする心意気、本作にて初めて知りました。仙石家には少々気の毒ながら、往時を偲んだ気持ちに浸れました。