龍蝨―りゅうのしらみ―

年の暮れも押し迫ってきたその日、
甲州・躑躅ヶ崎館内の真田源五郎の元に、
二つの知らせが届けられた。

一つは「親しい友」との別れ。
もう一つは、新しい命の誕生。


『せめて来年の間は、何事も起きなければ良いな』

微笑む源五郎は、年が明ければは十八歳となる。



これは、ツンデレな兵部と、わがままな源太郎とに振り回される、源五郎の話――。


※この作品は「作者個人サイト【お姫様倶楽部Petit】」「pixiv」「カクヨム」「小説家になろう」でも公開しています。
24hポイント 21pt
小説 10,394 位 / 48,794件 歴史・時代 166 位 / 740件