冒険者学校の劣等生 ~その魔法使い、レベル1から世界最強~

魔物すら滅多に寄りつかない山奥の小さな村で暮らす主人公レイ。
彼は冒険者になることを夢見て、日夜、魔法の鍛錬に明け暮れていた。
魔物と戦う機会がないから本体レベルは1のままだが、鍛錬によって魔法レベルだけは上がり続けていた。
レイの夢を叶えるべく、両親はなけなしの金で、レイを冒険者学校に入れる。

冒険者学校の初授業で、クラスメートとPTを組む必要がでる。
しかし、散々な言われ様で、誰からもPTに誘われず、余り者PTに。

この時、皆はレイの本体レベルしか知らなかった。
基礎の魔法が全て、魔法レベル999であることを知らなかった。

レイが初めて魔法を使った時、衝撃が走った。
24hポイント 177pt
小説 6,853 位 / 143,912件 ファンタジー 1,371 位 / 34,659件