キミが私の頬に触れるとき

キミが私の頬に触れるとき、

何かが変わってしまう。

そんな予感はしていたの。



*** ***


第一印象は『怖い』

二度目に会った時は『感じ悪い』

それが、彼に対して抱いた感情だった。

関わる事なんて殆どないだろう。

そう、思っていたのに……


ひょんな事から半同棲。
しまいには同棲する事になった2人。

「安心しろ、間違ってもお前を襲うなんて事はねぇから」

確かに、色気はないけど一応女の子である私に、なんて酷い言い草なの?


2人の関係は?
2人が行き着く先は――?


恋愛関係のない、ちょっと変わった同棲生活を送る2人の物語。

※表紙画像はあままつ様よりフリーアイコンをお借りしております。

※他サイト様にも掲載中
24hポイント 28pt
小説 4,699 位 / 25,422件 恋愛 1,842 位 / 6,182件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

西上総神通力研究所

大衆娯楽 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:8

Separately 夫々(それぞれ)

現代文学 / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:18

僕のスライムは世界最強~捕食チートで超成長しちゃいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1022pt お気に入り:3021

俺の高校生活に平和な日常を

青春 / 連載中 24h.ポイント:235pt お気に入り:4