疑心が暗鬼を呼ぶとき ~設楽原の戦い~

舞台は長篠・設楽原の戦い
主人公は織田家重臣佐久間信盛。

 決戦を翌日に控え、信盛は妙な噂を耳にした。
「佐久間が内通している」という噂。
 身に覚えのない噂によって、信盛には疑惑の眼差しが向けられる。
 翌日、敵の攻撃が強まり、味方の柵が次々と破られ始める。
 苦戦の中、疑心暗鬼に陥る織田軍武将たち。
 そして、信盛が決断する。

 佐久間信盛の長篠・設楽原の戦いです。
24hポイント 0pt
小説 60,297 位 / 60,297件 歴史・時代 753 位 / 753件