チェリーとバイオレット

つかみ所のない性格の彼に掴まってしまったのはスミレくんの方。
でも彼もスミレくんの事が大好き。
本当はもっと晴れ晴れとした気持ちで迎えたかった、中学生最後の春。
それまでの友だちとはすっかり離れてしまった新しいクラスに、不安と心細さしか感じなかった。
最初に声を掛けてくれた彼は、今まで出会った事のないタイプ。
自分に新しい愛称まで付けてくれた。
そんな彼と一緒にいると、毎日楽しくて退屈しない。
彼もひとりより自分と一緒の方が、楽しいし心強いと言ってくれる。
最初に感じた不安から、思いもしなかった楽しい毎日。
楽しいばかりじゃない、彼と一緒にいると新しい発見もある。
「違うよ”俺だから”じゃなくて、スミレくんと一緒だからだよ」
”好き”と”大事”は特別扱い。粗末にしてはいけない。
彼と一緒にいると、これまで気にもとめなかったそんな事に、たくさん気付く事が出来る。
”俺たちは生きてるってのも忘れるくらい、一生懸命生きてる”
そして”あの好き”と”この好き”の違いはなんだろうって、考える。
考えながら、でも考え過ぎてはいけない。
彼の事が好きと感じるのは、自然と同じ事だから。
24hポイント 0pt
小説 63,454 位 / 63,454件 青春 3,056 位 / 3,056件