妖精遊戯

どんな学校にも真偽の怪しい噂がある。
清水由樹の通う高校では、「妖精さん」がそれだった。
毎年、三年生の女子から一人、秘密裡に「妖精さん」が選ばれ、
「守り神」から下される指令をこなしていく。

指令に失敗すれば学校を不幸が襲い、
成功すればささやかな幸福が訪れる。

そんな噂に半信半疑だった由樹は、始業式の前日に手紙を受け取る。
その内容は、「妖精補佐」として「妖精さん」を助けて欲しいというものだった。

疑念を抱きながらも早朝の学校に向かう由樹。
最初の指令は「青い花」を音楽室の前に生けること。
「妖精さん」である穂高千代子と合流し、由樹は音楽室に向かう。

しかし、そこにはもう「青い花」が生けられていて......。
24hポイント 0pt
小説 59,027 位 / 59,027件 青春 2,989 位 / 2,989件