夏の日の悔恨 幼かったあの頃の暗く切ない想い出

富永広明は学校と塾とテニススクールに通う生活を送る小学六年生。テニススクールでは篠田彰という友人と親しく、広明も彰も藤本さんという女子に惚れていた。ある日、百貨店の図書館で広明は万引きを目撃する。万引き犯は自分と同じくらいの背格好で、広明の視線を感じた万引き犯は一目散に駆け出し、広明はそれを追いかけた。百貨店からも出てしまい、万引き犯が逃げ込んだ先は近くの公園。そこでは万引き犯のほかに二人の少年が待ち構えていて、一人が「明日も公園に来いよ」と広明に呼びかける。学校にも塾にもテニススクールにも、そしてなにより両親に対して退屈を感じていた広明はその呼びかけに惹かれ、翌日も公園に向かう。
24hポイント 0pt
小説 139,831 位 / 139,831件 現代文学 6,037 位 / 6,037件