僕は機兵を使って世界を狩る

西の島国はイグニンランド、ルスロニアランド、ウォーランドの三か国によって支配され、争いが耐えない。
戦争の主力兵器は機兵という人型兵器で、巨人たちが戦場を駆けていた。

そんな島国に記憶を失った青年と壊れた白い機兵が流れ着いた。
彼はウォーランドの港町にある‘’便利屋‘’を営む美女のテイラーに拾ろわれて、生活を始める。

ここからウォーランドの暴君王と革命軍の戦いに巻き込まれていく。
24hポイント 0pt
小説 127,603 位 / 127,603件 ファンタジー 32,619 位 / 32,619件