「世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~」のコンテンツを見ている人は他に…

ファンタジー 連載中 長編 R15
将軍一家であり大貴族エストレヤ家の次男アシュトは、魔法適正『植物』というハズレ魔法師として実家から腫れ物扱いを受けていた。 兄のリュドガは『雷帝』、妹のシェリーは『氷姫』という魔法師として将来を期待され、肩身の狭い思いをするアシュト。そして将来を約束した幼馴染のミュディは、兄のリュドガの婚約者となってしまう。 疎まれ、蔑まれもしなかったアシュト。たが、アシュトはもう実家にいることはできなかった。 父に家を出たいと言うアシュト。アシュトは父から廃れた領地『オーベルシュタイン』を餞別代わりと貰い受ける。 そこは、領地とは名ばかりの森。 アシュトは疲れたように笑って言った。 「はは······まぁ、のんびり過ごそう」   これは、フラレて傷心のアシュトが、森の中で生きる生活。 植物魔法を駆使し、森の中で出会ったワケありエルフやドワーフたちと共に過ごすのんびりスローライフ。
24hポイント 83,939pt
小説 8 位 / 50,667件 ファンタジー 4 位 / 16,617件
文字数 529,170 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.03.09
 シルヴァーナ魔法学院の学生グラス・ウィードは、地水火風の元素精霊が優秀とされる学院において、評価の低い『植物』の精霊に選ばれて契約したことで、立身出世の道を絶たれてしまう。  しかしグラスは心折れることなく、独自に生きる道を模索し、学院の生徒がほとんど志望しない『精霊医』という職業の免許を取る。精霊魔法は主に軍事利用されるもので、魔法士は戦闘で力を発揮してこそ出世できるのだが、グラスは自分の精霊が医療に向いていると考え、能力を活かす道を選んだのである。  しかしグラスに、思いがけない転機が訪れる。精霊医の資格を取った彼は、魔法士であり医者でもある人材として、第三王女に仕えるように指名され、宮廷魔法士の末席に抜擢されたのである。  第三王女アスティナは若くして『剣姫将軍』と呼ばれる猛将であり、彼女に仕える女性だけの騎士団を率いて国境守備に就いていた。魔法嫌いの女騎士長ラクエルの下につき、騎士団員の診療と健康管理にあたることになったグラスは、初めは誰にも期待されていなかったが、アスティナが原因不明の病に倒れたことで、グラスは不遇な環境でたゆまずに養い続けてきた医療技術を皆の前に示すことになる。  報われなかったグラスはやがて秘めた才覚を認められ、着実に騎士団の中で地位を確立し、剣姫将軍アスティナと並び立つ地位まで駆け上がっていく――。
24hポイント 700pt
小説 69 位 / 19,160件 ファンタジー 47 位 / 7,361件
魔力の有無で枝分かれした平行世界「アース」に落っこちた男のラブコメディ。
24hポイント 962pt
小説 56 位 / 19,160件 ファンタジー 39 位 / 7,361件
ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング!  まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、戦闘は第2部中盤から、それまでは内政メインでストーリーが進行します。 オーバーラップノベルス様から書籍版全3巻発売中です。 ◆連絡◆ 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。
24hポイント 1,954pt
小説 35 位 / 19,160件 ファンタジー 23 位 / 7,361件
魔法を使えない落ちこぼれ少女ユーフェの夢に、伝説の賢者王ロレッタが現われた。 賢者王は自らをユーフェの前世だと語る。 つまり自分は賢者王の力を受け継ぐことができるのか、とユーフェは喜ぶ。 が、力の継承をすると言いながら賢者王はユーフェに魔法の修行をさせ始めた。 賢者王は変身し、自分のかつてのライバルたちの姿となる。 「砲撃王の攻撃魔法を防いでください」 「鋼鉄王の身体能力を超えてください」 「調律王の防御障壁を貫いてください」 その修行はとても激しいもので、ユーフェは何度も殺された。 死んでは生返り、また死ぬ。 夢の中だから時間は無限。命も無限。 こうして賢者王の英才教育を受けたユーフェはあらゆる魔法を習得し、最強の魔法師となって現実世界に帰還する。
24hポイント 687pt
小説 70 位 / 19,160件 ファンタジー 48 位 / 7,361件
少女フラムは、神の予言により、魔王討伐の旅の一員として選ばれることとなった。 全員が一流の力を持つ勇者一行。しかし、なぜかフラムだけは戦う力を持たず、ステータスも全て0。 肩身の狭い思いをしながら、それでも彼女は勇者たちの役に立とうと努力を続ける。 だがある日、パーティーのうちの1人から騙され「もうお前は必要ない」と奴隷商人に売り飛ばされてしまう。 奴隷として劣悪な環境の中で生きることを強いられたフラム。 しかし彼女は、そこで”呪いの剣”と出会い、最弱の能力”反転”の真価を知る。 戦う力を得た彼女は、正直もう魔王とかどうでもいいので、出会った奴隷の少女と共に冒険者として平穏に暮らすことを決めるのだった。
24hポイント 936pt
小説 57 位 / 19,160件 ファンタジー 40 位 / 7,361件
★カドカワBOOKSさんより、1~6巻発売中。7巻7月10日発売。電子書籍もあります。よろしくお願いします。 ★コミカライズ『B's-LOG COMIC』さんで連載中。『ComicWalker』さん、『ニコニコ静画』さん、『pixivコミック』さんでも連載中。コミックス1~2巻発売中。 ★クロスオーバー始めました。「異世界満腹おもてなしご飯~最強の鑑定士サイド~ (https://ncode.syosetu.com/n6555em/)」 乙男(オトメン)である男子高校生、釘宮悠利(くぎみやゆうり)は、ある日唐突に異世界に召喚されてしまった。しかもダンジョンの中に。幸いにもクラン《真紅の山猫(スカーレット・リンクス)》に拾われた悠利の異世界での生活が始まった。 え?所持技能(スキル)【神の瞳】が超レア?そのせいで職業(ジョブ)が探求者?つまり、鑑定系の最強?確かにそういったものは所持しているが、乙男(オトメン)が異世界で手に入れたのは、……気ままに気楽なスローライフ(主夫生活)でした。 これは、異世界転移したのに、チートも貰ったのに、全然気にせずに、乙男(オトメン)街道を突き進み、主夫っぽい生活を満喫する少年のお話。 ※サブタイトル変更しました。旧題:最強の鑑定士って誰のこと?~乙男の異世界生活~ ※なろう、カクヨムで掲載中。 ※注意!※ 書いている人間が「異世界でのほほんスローライフ読みたい」という思いだけでやらかしているので、真面目に時代、文化、文明などの考証をしておりません。基本行き当たりばったりのなんちゃっての、伝家の宝刀「ご都合主義!」を発動させます。 それでも宜しい方のみお読み下さい。お気に召さない方は、速やかにブラウザバックぷりーず!
24hポイント 5,127pt
小説 11 位 / 19,160件 ファンタジー 10 位 / 7,361件
ファンタジー 連載中 長編 R18
婚約破棄された。 一方的に。 よくあるパターンといえばそれまでだが、いざ自分の身に降りかかってくると、結構キツい。自分を全否定されたような気分になる。 納得できるような理由ではなかったが、フラれたということであればあれこれ言うのはカッコ悪い。ツラいけど、おとなしく身を退くことにしよう。 さて、この先どうするか……
24hポイント 688pt
小説 1,335 位 / 50,667件 ファンタジー 437 位 / 16,617件
文字数 123,733 最終更新日 2019.06.25 登録日 2017.07.16
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のエステルには妹がいた。 妖精姫と呼ばれ両親からも愛され周りからも無条件に愛される。 婚約者までも妹に奪われ婚約者を譲るように言われてしまう。 そして最後には妹を陥れようとした罪で断罪されてしまうが… 気づくとエステルに転生していた。 再び前世繰り返すことになると思いきや。 エステルは家族を見限り自立を決意するのだが… *** タイトルを変更しました!
24hポイント 112,046pt
小説 4 位 / 50,667件 恋愛 2 位 / 12,044件
文字数 94,262 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.06.21
 動物を使役するビーストテイマーのレインは、勇者のパーティーとして戦ってきた。しかし、他に取り柄のないレインは次第に戦いについていけなくなる。「動物を使役するだけのキミは役立たず以外の何者でもない。クビだ」。ついに、レインはパーティーを追放されてしまう。これからは、世界を救うとか関係なく、自由に生きてみよう。レインは冒険者になることを決めるが……そんな時、運命の出会いをする。一方で、勇者のパーティーは気づいていなかった。今まで魔王軍と戦うことができたのは、レインの力によるものが大きいということに。これは、虐げられていたビーストテイマーが、運命の出会いを果たして、真の仲間と絆を紡ぐ物語。
24hポイント 6,494pt
小説 5 位 / 19,160件 ファンタジー 5 位 / 7,361件