最強の男(仮) ~重力十分の一の異世界では俺は超人のようです~

俺は黒岩蔵人、二十六歳。
テレビ局でアシスタントディレクターとして忙しい日々を送っていた。
そんなある日ディレクターの指示で買い物に出かけたところトラックに撥ねられて死んでしまう。

だがそんな俺の前に神様が現れ地球の十分の一の重力の異世界に生き返らせてやるという。
その世界では俺は超人だということだが……はてさて。
24hポイント 7pt
小説 29,992 位 / 120,119件 ファンタジー 6,173 位 / 31,366件