ある日のとんた

とんたはかわいい無職の男の子
たまに文字の練習をしています。

そのかわいさにみんなとんたを
かわいがります。

とんたは幸せなのですが
どんどんと幸せがわからなくなり麻痺していきます。

もしかしたらじぶんは幸せじゃないかもしれない
なら探してみようと思いたって
旅に出るというようなお話です。
24hポイント 0pt
小説 87,044 位 / 87,044件 現代文学 3,982 位 / 3,982件