赤いリボンを抱く女

一九世紀のイギリス。
少年マイケル・ハイドは、画家のオスカー・シーンに絵の制作現場を見せてもらう。その現場を目にした時、幼いマイケルの世界は恐怖に歪み始める。

※『耽美主義』とは、「倫理や道徳よりも、美の享受や形状に重きを置いた芸術の風潮」のこと。
この物語は『耽美主義』という言葉から連想したもので、風潮を批判しているわけではなく、あくまで思いついただけの物語である。
24hポイント 0pt
小説 100,304 位 / 100,304件 ホラー 3,632 位 / 3,632件